利勝院

修福山 利勝院
しゅうふくざん りしょういん

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

【所在地】

藤枝市上薮田669

【開創】

永禄7年(1564)

【宗派】

曹洞宗 藤枝市 洞雲寺末

【本尊】

聖観世音菩薩

【由緒縁起】

永禄3年(1560)桶狭間で今川義元が信長の攻撃によって討死にすると、今川氏の勢力は衰退し、葉梨の里も昔日の繁栄のおもかげは薄れて農民の里に戻った。このような戦国時代末期、洞雲寺三世信屋聚哉は内藤三太夫の支援を得て、利勝院を開創した。信屋は永禄2年には石雲院の輪住を務め、利勝院以外に五十海岳叟寺・瀬戸谷竜雲寺・大村用心院・滝沢用雲寺(廃寺)竜泉寺(廃寺)川根峯叟院(廃寺)慈済寺(廃寺)の八ケ寺も開いた名僧であった。開基の内藤三太夫は、今川家の家臣として、この地に居を構えていたが、今川家が駿河に移住するのに伴って、自分の家屋敷や田畑のすべてを利勝院建立のために寄進して、この地を去った大檀越であった。現在でも三太夫屋敷という小字名が残されている。
 明治22年11月、近くにあった万福寺を合併し、さらに昭和48年老朽化した本堂を鉄筋で新築、49年には観音堂を改築、55年には鐘楼を建立、平成7年には庫裡客殿を新築と次々に伽藍を整備した。観音堂は新四国十番、西国二八番、梅花観音の霊場として、土地の人々に信仰されている。


閉じる