藤枝宿にある有名人のお墓をご紹介します。

番外編(小説の中の登場人物):


今川 泰範 (いまがわ やすのり)

■種別:守護大名

■年代:1334-1409

■墓所:長慶寺


 今川 泰範(いまがわ やすのり、建武元年(1334年)? – 応永16年9月26日(1409年11月3日)?)は、南北朝時代から室町時代前期にかけての駿河、遠江の守護大名。駿河今川氏の第3代当主。第2代当主・今川範氏の子。氏家の弟。正室は上杉朝顕の娘。範政の父。官位は上総介。号は仲高。今川氏は室町幕府将軍・足利氏の一族で、今川範国の時に駿河守護となり、市内では葉梨地区などを領地とした。

 建長寺に僧侶として出家していたが、貞治4年/正平20年(1365年)に父が死去し、兄もまもなく死去したため、祖父範国の命を受けて還俗し、家督を継ぐ事となった(従弟の貞臣も後継者に挙がったが、却下されたといわれる)。永和4年/天授4年(1378年)、3代将軍足利義満より侍所頭人に任じれて幕政に参与し、明徳2年/元中8年(1391年)の明徳の乱や応永6年(1399年)の応永の乱では幕府軍の一員として参戦し、武功を挙げた。応永16年(1409年)9月26日、76歳で死去し(没年には異説も多い)、後を子の範政が継いだ。

 長慶寺は泰範の菩提寺であり、境内の五輪塔は高さ約171cmで、泰範の供養塔として伝わっている。

ページの先頭に戻る

太源崇孚雪斎 (たいげんそうふせっさい)

■種別:僧侶、参謀

■年代:1496-1555

■墓所:長慶寺


 太源雪斎 明応5年(1496年) – 弘治元年閏10月10日(1555年11月23日))は、臨済宗の僧侶(禅僧)で今川氏の家臣。諱は崇孚。庵原政盛(左衛門尉)の子、母は興津正信の娘。父方の庵原氏は駿河庵原(現在の静岡県静岡市)周辺を治める一族。母方の興津氏は横山城を本拠に海運を掌握し海賊(水軍)も率いていた。両家とも今川氏の譜代の重臣。

 はじめは九英承菊(きゅうえいしょうぎく)と名乗って、駿河の善得寺、後に京都五山の建仁寺で修行をしていた。この頃から秀才として、将来を嘱望されていたと言われる。この噂を聞いた主君の今川氏親から帰国して今川氏に仕えるよう要請され、氏親の五男・芳菊丸(のちの今川義元)の教育係に任じられた。一説にはこの要請を二度までも断ったと伝えられる。 享禄3年(1530年)、建仁寺の師である常庵龍崇によって芳菊丸が得度の儀式(薙髪染衣)を行い、承芳と名を改める。二人はさらなる修行のため善得寺から建仁寺へ、さらに妙心寺へと移った。この頃に承芳は道号「栴岳」を与えられ栴岳承芳と名乗り、承菊はそののちに太原崇孚(雪斎)に改めたとされている。天文4年(1535年)、善得寺の住持であった琴渓承舜(きんけいしょうしゅん)の七回忌法要のため駿河に戻り、再び善得寺に入る。翌、天文5年(1536年)に、氏親の後を継いでいた今川氏輝が死去。栴岳承芳と異母兄の玄広恵探による、今川氏内部の後継者争いが起こる(花倉の乱)。雪斎は寿桂尼とともに栴岳承芳を支持し、彼の家督相続と還俗を実現させた。その功績により、当主となった今川義元は雪斎を厚く信頼し、政治・軍事における最高顧問として重用する。

 雪斎は駿府臨済寺の住持として宗教的な影響力を持ちながら、今川氏の執政、軍師とも呼ばれ、政治・軍事・外交に秀でた手腕で義元を補佐した。1560年の桶狭間の合戦まで存命であれば、織田信長に義元が討ち取られることはなかったとも言われるほどである。

 晩年は長慶寺に隠居し、没後は後奈良天皇から「宝珠護国禅師」と謚名(おくりな)された。この無縫塔には、その諡名が刻まれている。墓石は僧侶の墓石である無縫塔である。

ページの先頭に戻る

太田 資直 (おおた すけなお)

■種別:藩主

■年代:1658-1705

■墓所:大慶寺


 藤枝市内に唯一の田中藩主の墓所。他の藩主は江戸詰だったため、藩に墓所がない。

 万治元年(1658年)、大坂城代や寺社奉行を務めた太田資次の次男として生まれる。寛永12年(1672年)12月28日に従五位下・備後守に叙位・任官する。天和3年(1683年)8月11日に備中守に遷任する。貞享元年(1684年)4月に父が死去したため、家督を継いで摂津・河内・下総などの所領、およそ5万2000石を相続した。このとき、弟の太田資方に常陸2000石を分与したため、太田氏は5万石となる。7月19日に駿河田中藩に移封された。貞享2年(1685年)6月10日に奏者番に任じられ、8月9日に若年寄に任じられる。9月4日に摂津守に遷任する。貞享3年(1686年)1月11日、江戸幕府第5代将軍・徳川綱吉の近習に任じられたが、6月29日に病を理由に辞任する。しかしこれが綱吉の怒りを買い、元禄元年(1688年)12月18日まで出仕を停止された。宝永2年(1705年)1月2日、田中で死去。享年48。長男から四男は全て早世していたため、末子で五男の太田資晴が後を継いだ。

ページの先頭に戻る

大塚 荷渓 (おおつか かけい)

■種別:文化人

■年代:1778-1844

■墓所:大慶寺


 江戸時代後期の藤枝は、東海道五十三次の宿場町として中央の文化を取り入れる機会に恵まれていて、詩、和歌、画などの文芸が流行したが、その中心的な役割を果たした。

 藤枝宿屈指の豪商として栄えた奥州屋の大塚家に生まれた。奥州屋は、酒造業のかたわら、中央の文化人との交流に力を入れ、郷土の文化の拠点としての役割も果たしていて、荷渓はその中心となった。南画や漢詩に優れ、幅広い教養を兼ね備えていた。荷渓は詩社「紅山社」を結成し、石野雲嶺などの後輩の育成に力を入れた。

■大塚家と司馬江漢

 藤枝宿の大塚家が広く知られるようになったのは、司馬江漢の『江漢西遊日記』に大塚家滞在のことが記されたからである。司馬江漢は江戸の蘭学者で油絵を描き、日本で初めて銅版画をつくり、江戸時代の開明的な文人として知られている。江漢は天明8年(1788年)4月、長崎に向けて江戸を発ち、東海道を西進して、府中で久能山を参詣し、また庵原(現在の清水市付近) までもどったりしながら、別に急ぐ様子もないまま藤枝宿に着いている。

 大塚家には天明8年の6月22日から26日まで滞在しているが、この頃には天明の飢饉があり、大塚家は救済のため蔵の米を放出したと伝えられる。したがって、『日記』中でも「米払底にて酒休み」という状況になっていたのであろう。大主人の亀石は江戸に出て留守であったが、能と乱舞を好むとされている。江漢をもてなした藤蔵と軍蔵の兄弟は大塚家の三男・珠水と四男の曲阜であろう。五男の荷渓はこの時11歳であったが、残念ながら『日記』には登場していない。『日記』を見ると、江漢は珠水と曲阜の二人を文人と評価していて、ともに画を描くと記している。

 滞在中は大塚家にほど近い蓮華寺池の堤上で酒肴を催したりしながら、兄弟に請われて駿府から荷物をとりよせて、油絵を見せたり、描いたりして驚かせ、世界地図で地球の話しをして感心させたりしている。江漢は一旦は府中で長崎には行かないと決めたのに、大塚家でもてなされて気が変わり、餞別をもらって旅立っている。現在までのところ、大塚家の文人の草分けは亀石からとみられる。池大雅等らと交わったと伝える。池大雅はいうまでもなく南画の大成者である。亀石、荷渓、翠崖の3代が大塚家文人の中心である。

ページの先頭に戻る

石井 縄斎 (いしい じょうさい)

■種別:学者

■年代:1786-1840

■墓所:大慶寺


 名は耕、通称は俊助と言い、伊豆下田で生まれる。大儒山本北山を師とし、経学を修める。学成った後に諸藩より招聘されるが、田中藩の奥田笠庵と親密であったため、田中藩に残り本多家家臣となる。

 日知館(水戸の弘道館と共に天下の二関と称され、東海道文武の関門であった)の創立者(天保8年、1837年)となった。漢学師範を勤め、経学を講じ、門下より熊澤(漢史学)、恩田(兵学)、佐竹(槍術)等多くの逸材を輩出した。

 笠庵の子、巻吉を養子とする。後の石井頼水である。天保11年11月14日(1840)に行年55歳で没した。

ページの先頭に戻る

熊澤 惟興 (くまざわ これおき)

■種別:学者

■年代:1795-1854

■墓所:大慶寺


 諱は惟興、字は伯熊、通称太郎と言う。熊澤惟忠の嫡男として武蔵市ヶ谷の田中藩邸で生まれる。そのため、市谷と号する。

 田中藩本多家家臣であり、田中藩校日知館の創立者である。同校の教授となり、後に使者番格(律令官制における役職)となる。勤王家にして漢学國史・國文を極め、歴代山陵を巡拜調査して御陵私記二巻を著わす。明治44年従五位を追贈された。日本武尊伝、元寇私記、征韓私記、西游記など著述も多い。安政元年7月1日(1854)に行年64歳で没した。

ページの先頭に戻る

本多家墓所

■種別:−

■年代:−

■墓所:蓮生寺


 駿河田中藩主である本多家の墓所。本多正珍公などが眠る。

 本多 正珍(ほんだ まさよし、宝永7年7月8日(1710年8月2日) – 天明6年8月27日(1786年9月19日))は、江戸時代中期の大名。駿河田中藩第2代藩主、江戸幕府の老中。正重系本多家4代。田中藩初代藩主本多正矩の三男。母は松野助義の娘。正室は松平信祝の娘。子に本多正堅(長男)、本多正供(次男)、本多正敬(四男)、娘(戸田忠寛正室)、娘(大久保忠卿正室)、娘(分部光実正室)。幼名は三弥。官位は従四位下、侍従、紀伊守、伯耆守。

 宝永7年(1710年)7月8日に生まれ、享保20年(1735年)家督を相続し、元文2年(1737年)から奏者番、寺社奉行を務める。延享3年(1746年)から老中を務めるが、在任中発生した宝暦の郡上一揆に関し、不正の科ありとして、老中を免職・逼塞を命じられた。正珍が安永2年(1773年)5月23日に隠居した後、家督は次男・正供が継いだ。天明6年(1786年)8月27日に死去。享年77。法号:克享院殿受明蓮生寺。

ページの先頭に戻る

加藤 まさを (かとう まさを)

■種別:抒情画家・詩人

■年代:1897-1977

■墓所:蓮生寺


 童謡「月の沙漠」の作詞者として有名な藤枝出身の抒情画家・詩人の加藤まさをの祖父母が眠る。

 加藤まさを(かとう まさを、1897年4月10日 – 1977年11月1日)は、日本の画家。主に挿絵を描いた。本名は正男。藤枝市出身。立教大学英文科中退。学業の傍ら川端画学校で洋画を学ぶ。立大在学中に詩画集「カナリヤの墓」を出版。「少女倶楽部(クラブ)」などに叙情画,叙情詩を発表。1923年(大正12年)に発表した童謡詩「月の沙漠(さばく)」はとくに有名。大正時代の代表的な抒情画家の一人で、少女に圧倒的な人気を得た。ファンとの交流をよくし、髪型や衣服など、女学生風俗を熟知していた。さらに、バラの栽培、ヴァイオリン演奏、テニスなど、少女好みの趣味を持っていた。詩画集に『カナリヤの墓』、『合歓(ねむ)の揺籃(ゆりかご)』、少女小説に『遠い薔薇』(1926年、短編集)、『消えゆく虹』(1929年、長編小説)、『二つの虹』などがある。1929年から1930年にかけて平凡社から出版された『令女文学全集』全15巻の巻11が加藤まさを集だった。

ページの先頭に戻る

藤枝 静男 (ふじえだ しずお )

■種別:作家・眼科医

■年代:1908-1993

■墓所:岳叟寺


 藤枝 静男(ふじえだ しずお、1907年12月20日 – 1993年4月16日)は、藤枝市出身の作家、眼科医。本名勝見次郎。本人の言の通り、簡潔で硬質な力強い文体と自他を隔てず冷徹な観察眼において志賀直哉の影響を受けており、「心境小説」を幻想に推し進め、私小説の形をとりながら虚実のあわいに遊ぶような作品が多い。私小説の分野で独自な文学世界をつくりあげた。

 成蹊学園から名古屋の旧制第八高等学校を経て1936年に千葉医科大学(現在の千葉大学医学部)を卒業。勤務医生活ののち独立し1950年から浜松市で眼科医院を営む傍ら、志賀直哉と瀧井孝作の影響を受けて小説を書き続けた。1968年『空気頭』で芸術選奨文部大臣賞、1974年『愛国者たち』で平林たい子文学賞、1976年『田紳有楽』で谷崎潤一郎賞、1979年には『悲しいだけ』で野間文芸賞を受賞。

 藤枝市では、毎年4月の命日に同市五十海の岳叟寺にて、藤枝静男墓前祭「雄老忌」を開催している。藤枝市出身の作家小川国夫が命名したものである。秋山医院(下伝馬)に生家跡の碑がある。

ページの先頭に戻る

鬼岩寺の石塔群

■種別:史跡

■年代:室町〜戦国時代

■墓所:鬼岩寺


 藤枝宿の西側にある鬼岩寺の石塔群には宝篋印塔と五輪塔がある。これらの石塔は墓石もしくは供養塔として建立された。正確な数は把握できないが、部材数で1600点以上を数えることができる。南北朝から戦国時代までの中世石塔が大半を占めており、応安6年(1373)〜応永12年(1405)の年号を刻んだ石塔が6点含まれていることも重要である。

ページの先頭に戻る

長谷川 平蔵 (はせがわ へいぞう)

■種別:−

■年代:−

■墓所:−


 池波正太郎の小説「鬼平犯科帳」に登場する長谷川平蔵の祖先が藤枝宿、田中城にゆかりがある。

 長谷川一族は、中臣鎌足の流れを汲む藤原秀郷(下総国)を祖とする。子孫は小山、下川辺(春日部あたり)に住み荘司(しょうじ;荘園の管理、租税収得する役人)であった。下川辺の行義は、源頼朝に可愛がられて、播磨国の国史となったといわれる。その子、行平は弓の名手として知られ、荘司となり、弟の政義の子孫は出身地の大和国、奈良−長谷−へ戻った。下川辺から大和長谷川の縁者のもとに帰郷改姓した人は、政平といわれる。その孫、長重(籐兵衛)の娘は、駿河国の加納義久の三男正宣を養子として、以後、今川家の家来となって駿河の国小川に住み、ついで田中に移り住んだ。その子元長は伊賀守・駿河小川城主となった。このころ、今川義元は織田信長に負けて家臣の多くが、徳川家についた。長谷川家も加納家とともに徳川家康に従い、旗本となった。

 元長およびその子、正長は徳川家康にしたがい、元亀3年、武田信玄の進軍を三方が原に迎え撃ったとき、正長は奮戦して戦死した。時に37才であった。正長の次男宣次(のぶつぐ)が分家して、鬼平家の祖となった。鬼平はその8代目になる。鬼平の父の宣雄が初代平蔵で、5代目宣安の末の弟宣有の長男である。6代目宣尹(のぶただ)の養子となり、7代目を継いだ。「本所・桜屋敷」では鬼平の父宣雄の甥となっているが、本当はいとこ同士が正しい。

ページの先頭に戻る

藤枝 梅安 (ふじえだ ばいあん)

■種別:−

■年代:−

■墓所:−


 『仕掛人・藤枝梅安』(しかけにん ふじえだばいあん)は、小説家・池波正太郎が小説現代で昭和47年(1972年)から平成2年(1990年)の間に発表した全20篇の連作時代小説。主人公である藤枝梅安の表の顔は鍼医者だが、その実、凄腕の仕掛人(殺し屋)である。仕掛人は、依頼者(起り)からの依頼を取り次ぐ仲介人(蔓)を通じて殺しを請け負う。

 梅安は、東海道・藤枝宿の桶職・治平の子として明和2年(1765)に生まれ、家は神明宮とだけ呼ばれている社の鳥居脇の榎の巨樹の下にあったという設定である。

 庄太(梅安の幼名)が7歳のときに父・治平が病死、母親は翌くる日には4つちがいの妹をつれて間男とともに消えていた。京の鍼医者・津山悦堂が正定寺に亡父の墓を立ててくれ、こき使われていた庄太を引きとって鍼治療を教えた。

ページの先頭に戻る


ページの先頭に戻る